中小企業再生支援セミナー

未来を支える中小企業 −その事業再生・事業承継を考える−

 昨今、景況は緩やかな改善傾向にあり、中小企業の事業再生も「有事モード」から「平時モード」へと変化しています。一方、中小企業においては、生産性の向上や経営者の高齢化といった課題も挙げられています。このような環境下、協議会事業は、中小企業の健康診断から外科手術である抜本再生、さらには事業承継にまでその役割が拡大し、言わば「中小企業の総合病院」となっています。
 そこで、本セミナーでは、第一部として事業再生・事業承継を果たした中小企業の経営者にその経験談を語っていただき、第二部として中小企業を支える金融機関、専門家の方とパネルディスカッションを行う中で、未来を支える中小企業に対して協議会事業が果たすべき役割について考えていきたいと思います。
東京会場 平成30年2月21日(水)
<東京当日のセミナーの様子>
オープニング
第一部 座談会
第二部 パネルディスカッション
前半
第二部 パネルディスカッション
後半
ダウンロード
東京会場パンフレット(PDF)
大阪会場 平成30年2月19日(月)
<大阪当日のセミナーの様子>
オープニング
第一部 座談会
第二部 パネルディスカッション
前半
第二部 パネルディスカッション
後半
ダウンロード
大阪会場パンフレット(PDF)
プログラム
(敬称略)

13:00〜13:05

主催者挨拶

独立行政法人中小企業基盤整備機構 理事

安栖 宏隆

13:05〜14:20

第一部 座談会

未来を支える中小企業 ①

中小企業の経営者が語る事業再生・事業承継

~中小企業再生支援協議会完了案件 追跡調査結果を踏まえて~

登壇者

株式会社佐田 代表取締役社長

佐田 展隆

株式会社玉寿司 代表取締役社長

中野里 陽平

司会

中小企業再生支援全国本部 顧問

藤原 敬三

14:20〜14:35 休憩

14:35〜16:55

第二部 パネルディスカッション (途中休憩あり)

未来を支える中小企業 ②

中小企業の支援者が語る事業再生・事業承継

パネリスト

株式会社福岡銀行 取締役常務執行役員 〈※東京のみ〉

大庭 真一

長島・大野・常松法律事務所 パートナー 弁護士

小林 信明

TKC全国会 会長 税理士

坂本 孝司

株式会社広島銀行 取締役専務執行役員 〈※大阪のみ〉

三吉 吉三

中小企業再生支援全国本部 顧問

藤原 敬三

モデレーター

中小企業再生支援全国本部 統括プロジェクトマネージャー

大庭 正好

16:55〜17:00

閉会挨拶

中小企業再生支援全国本部 統括プロジェクトマネージャー

大庭 正好

登壇者紹介
主催者挨拶
安栖 宏隆

安栖 宏隆

独立行政法人中小企業基盤整備機構 理事

1989年通商産業省(当時)に入省。フランスに留学後、在フランス日本国大使館一等書記官、経済産業省環境政策課長補佐、内閣府(科学技術政策担当)企画官、在フランス日本国大使館参事官、国土交通省特別地域振興官、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)ホーチミン事務所長等を経て、2016年より現職。

第一部 座談会
登壇者
佐田 展隆

佐田 展隆

株式会社佐田 代表取締役社長

一橋大学経済学部卒業後、東レ株式会社に入社。2003年株式会社佐田に入社、2005年代表取締役社長就任。バブル後の破綻寸前の企業を黒字化するも、2007年私的再生と共に会社を再生ファンドに譲渡、2008年退社。
2011年、リーマンショックの余波と東日本大震災での工場被災で再び危機に直面した株式会社佐田に呼び戻され、2012年代表取締役社長復帰。改革を進め、3期連続増収増益を達成し業績を安定化、売上拡大を継続中。

中野里 陽平

中野里 陽平

株式会社玉寿司 代表取締役社長

1972年東京築地生まれ。1995年学習院大学法学部政治学科卒業。1999年米コロラド州University of Denver卒業。2005年築地玉寿司4代目として社長に就任。米国留学で学んだレストランマーケティングや経営理論を活かし、エリア特性、客層に合わせた店舗展開で現在30店舗を手掛ける。「老舗の暖簾」を守るため、多くの社内改革に着手し、2016年玉寿司大学を創設。100年企業に向け、優れた技術と人間性を併せ持つ人材の育成に力を入れている。

司会
藤原 敬三

藤原 敬三

中小企業再生支援全国本部 顧問

1976年神戸大学経済学部卒業、第一勧業銀行入行、支店長、審査部企業再生専任審査役を歴任。2003年みずほ銀行を退職し東京都中小企業再生支援協議会統括責任者就任、2007年より全国本部統括責任者、2017年より現職。
内閣府、経済産業省、中小企業庁等各種研究会委員を歴任、個人版私的整理ガイドライン運営協議会委員、経営者保証に関するガイドライン研究会委員、事業再生実務家協会常務理事(現職)。
[主な著書・寄稿等]
「実践的中小企業再生論」(金融財政事情研究会)
商事法務「NBL」、金融財政事情研究会「事業再生と債権管理」「金融法務事情」他。

第二部 パネルディスカッション
パネリスト
大庭 真一

大庭 真一

株式会社福岡銀行 取締役常務執行役員 〈※東京のみ〉

1959年生まれ。1983年山口大学経済学部卒業、株式会社福岡銀行入行。本店営業部 コーポレート営業部部長代理、苅田支店長、リスク管理部主任調査役、融資第一部副部長、融資部長、執行役員融資部長委嘱、常務執行役員を歴任。2015年より株式会社ふくおかフィナンシャルグループ執行役員(現職)就任、2016年より福岡銀行取締役常務執行役員(現職)。

小林 信明

小林 信明

長島・大野・常松法律事務所 パートナー 弁護士

1983年弁護士登録、全国倒産処理弁護士ネットワーク副理事長、事業再生実務家協会専務理事、事業再生研究機構専務理事。日弁連倒産法制等検討委員会委員長(2013年~2017年)、東弁倒産法部2002年度部長。経営者保証に関するガイドライン研究会(全国銀行協会、日本商工会議所)座長。管財人・債務者側・債権者側・スポンサー側など様々な立場から多くの倒産処理・事業再生案件を手掛けている。

坂本 孝司

坂本 孝司

TKC全国会 会長 税理士

1956年浜松市生まれ。神戸大学経営学部卒業、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程単位取得退学。2002年中小企業庁「中小企業の会計に関する研究会」専門委員、2010年同「中小企業の会計に関する検討会WG」委員、2011年経済産業省「中小企業政策審議会」委員等歴任。現在、税理士、米国公認会計士、博士(経営情報科学)、愛知工業大学経営学部・大学院教授。
[主な著書]
『会計制度の解明』(中央経済社、2011年)、『ドイツにおける中小企業金融と税理士の役割』(同、2012年)、『中小企業の財務管理入門』(同、2014年)、『ドイツ税理士による決算書の作成証明業務』(TKC出版、2016年)など多数。『会計制度の解明』は2011年度日本会計研究学会 太田黒澤賞受賞。

三吉 吉三

三吉 吉三

株式会社広島銀行 取締役専務執行役員〈※大阪のみ〉

1959年広島生まれ。1982年関西学院大学法学部卒業、株式会社広島銀行三川町支店入行。1998年支店部(審査担当)審査役就任、1999年ひろぎんリース株式会社 出向の後、2003年より融資第二部担当課長兼審査役、法務コンプライアンス室担当部長、コンプライアンス統括部担当部長兼法務コンプライアンス室長、コンプライアンス統括部長、融資第二部長、執行役員 岡山支店長 委嘱、執行役員、取締役、取締役常務執行役員、取締役専務執行役員を歴任。2017年より取締役専務執行役員 船舶ファイナンス部長 委嘱(現職) 。

モデレーター
大庭 正好

大庭 正好

中小企業再生支援全国本部 統括プロジェクトマネージャー

1976年東京大学卒業後、日本長期信用銀行入行、上野支店長、融資第二部長、総合企画部部長等を経て、2000年整理回収機構入社、東京業務第一部長、執行役員企業再生部長、同業務企画部長、常務執行役員を経て、2013年中小企業再生支援全国本部へ、2017年より現職。
[主な寄稿等]
「RCCの取組みに見る企業再生事例」(金融財政事情研究会)、「浮き彫りになった「保全融資先」への経営改善支援の実態」(金融財政事情)、「中小企業再生支援の今後の方向性」(事業再生と債権管理)等

■ 主催 中小企業再生支援全国本部(独立行政法人中小企業基盤整備機構)
■ 後援 経済産業省中小企業庁
■ 協力 事業再生研究機構、事業再生実務家協会、 一般社団法人全国サービサー協会、 全国事業再生税理士ネットワーク、全国倒産処理弁護士ネットワーク、 一般社団法人全国信用保証協会連合会

Copyright © 2004-2017 Organization for Small & Medium Enterprises and Regional Innovat

ion, JAPAN